特別な席に着ていく着物の種類

特別な席に着ていく着物の種類

着物にはいろいろな種類がありますが、どのように使い分ければいいか分からないという方も多いでしょう。そこで、着物の種類と格式についてご紹介しましょう。

最も格式が高いのは「正礼装」です。こちらは冠婚葬祭に着る黒留袖、本振袖、喪服などがあります。留袖は既婚女性のみが着る着物で、結婚式等の慶事、つまり祝いの席で着用するものです。染め抜きで紋が入れられます。

黒留袖は真っ黒の着物のすそに華やかな裾模様があしらわれ、色留袖は地色に黒以外が使われ裾模様があしらわれています。

本振袖は未婚女性のみが着用を許されている袖の長い着物です。袖はくるぶしまである長い丈が特徴です。留袖同様、黒振袖と色振袖があります。前と後ろの柄がつながった「絵羽模様」が見られます。本来は染付けで紋が入ったものが正式な本振袖となっています。

喪服は弔事に着られる真っ黒な着物です。既婚者・未婚者の区別なく着用されます。染め抜きで紋が入れられています。長襦袢と半襟以外の小物はすべて黒でそろえなければなりません。

正礼装に続く格式が準礼装です。こちらは振袖、色留袖、訪問着、色無地があります。さらに続くのが略礼装で、付け下げ、色無地、江戸小紋などがあります。

訪問着は既婚者・未婚者の区別なく着用される袖の短い着物です。振袖のような「絵羽模様」があり、結婚式やパーティなど幅広い席で着られます。付下げは訪問着に似た柄ゆきが入りますが、絵羽模様は見られません。紋を入れたり既婚者・未婚者の区別がないのは訪問着同様です。色無地は喪服のように地模様と紋のみの着物で、幅広いシーンに着用が可能です。

このように、一口に「着物」と言っても種類もそれぞれです。日本の伝統一つなので、日本の伝統の一つなので、覚えておくといいでしょう。

    Copyright(C) 着物お役立ち! All Rights Reserved.