マスターしたい着物のお手入れ方法

マスターしたい着物のお手入れ方法

着物を持っている人は、大切な着物を長く着るためのお手入れ方法について知っておきましょう。

着物はあまり洗濯をしませんが、定期的に「虫干し」をする必要があります。着たときに汗や脂がどうしてもつくので、長期間しまいこむとカビが生えてしまいます。さらに正絹(シルク100%)の着物は虫の餌となるため、湿度の低い日には着物や長襦袢を1着ずつハンガーにかけて風に当てるようにしましょう。

虫干しは1年に最低3回するのが望ましいです。虫干しは古くからの習慣で、1~2月の冬干し、7~8月の土用干し、10~11月の秋干しがあります。2、3日晴れが続いたころが虫干しをする絶好のタイミングです。干す時間は午前10時から午後3時が良いでしょう。午後3時を過ぎると湿度が高くなるので、湿度が低いうちに片付けましょう。

また、片付けているうちに折りじわがつくことがありますので、アイロンをかけましょう。綿や麻は高温が適していますが、絹やウールは高温で縮んでしまいます。素材によって適温が違うので、素材やアイロンの温度をよく確認してからかけましょう。

もし着物にしみができたら、自分ではお手入れが難しいので、クリーニングに出しましょう。着物専門のクリーニングサービスがあるので、そちらにお任せするのが最適だと思います。

Copyright(C) 着物お役立ち! All Rights Reserved.