知っておきたい着物に映えるメイクのポイント

知っておきたい着物に映えるメイクのポイント

着物を着るときのメイクは、洋服のときとは違ったものにしたほうが良いでしょう。洋服を着るときのメイクでは着物には合わず、違和感があります。

着物のときは、明るめのファンデーションを選ぶことがポイントです。しかし、明るすぎると顔が完全に白浮きしてしまいますので、くれぐれも白塗りにならないように注意しましょう。あまり立体感を作るのも着物メイクにはNGです。立体感を出したいときはパールのないものや、パール控えめのものを使いましょう。

若い女性が洋服を着るときによくチークを丸く入れますが、真ん丸チークは着物にはまったく似合いません。頬骨を中心にこめかみあたりから小鼻にかけて結んだ線上に入れましょう。基本的なチークの入れ方をすることが成功のポイントです。

目元メイクは色味をあまり使わず、ラインとマスカラを使いましょう。明るめの色でシャドウを入れ、黒のアイラインを強めに入れます。シャドウはラメが効いたものは避け、さりげなく仕上げるのがコツです。ベージュが使いやすいですが、色を楽しみたいときは着物の色に違いものを選びましょう。マスカラはカールさせすぎず、目じりを多めにしてやれば、着物にマッチします。

口紅は明るめの鮮やかな色が適しています。いま流行りのヌードカラーは似合いません。ベージュ系やブラウン系ではなく、レッドやピンク、ローズなど華やかなものを選びましょう。ラインをしっかりとってふっくら描くのがポイントです。

    Copyright(C) 着物お役立ち! All Rights Reserved.