デリケートな着物の収納方法

デリケートな着物の収納方法

着物を持つなら、着物用のたんすを持っておいたほうが良いでしょう。湿気に弱い着物を保存するには、湿度の調節をする桐製の和だんすが適しています。たんすを購入する余裕がなかったり、あまり数を持っていない方は桐製の衣装ケースや茶箱を利用すると良いでしょう。振袖や留袖といった高価な着物を上段に収納すれば、湿度に弱い着物を守れます。袋帯も正絹のものは中段に収納しましょう。

和だんすに収納するときには、着物や帯はきっちりとたたみましょう。しかし、自由に折りたたんではいけません。着物や帯は、たたむ形が決まっているので、折り目どおりに丁寧に折りたたんでいきましょう。金糸や銀糸で刺繍をしている部分に薄紙をあてて保護し、たとう紙や布に包んでから収納します。

たんすには防虫剤を入れます。容器の上部に防虫剤を入れましょう。防虫剤は必ず1種類だけを使います。2種類以上を同じたんすに使用すると化学反応し、水が発生してシミや虫食いの原因となってしまいます。着物用の防虫剤を1つに決めておくと、このような失敗が起こりません。

このようにさまざまな注意点がありますが、慣れてしまえば難しくありません。虫干しのたびに着物に触れれば、ますます愛着もわくというものです。

    Copyright(C) 着物お役立ち! All Rights Reserved.