着付けができれば着こなしの幅が広がる

着付けができれば着こなしの幅が広がる

着物を持っている・持っていないに関わらず、着物を着ることがあるなら着付けができるとうれしいですね。留袖や訪問着を着るときの「お太鼓結び」は、最低限でも知っておくといいでしょう。着付けの技術があれば、着物をレンタルしても着付を頼むことなく、届いたら自分で着ることができます。

着付け教室の多くは着物のレンタルができるので、着物を持っていない方でも習うことができます。初心者用のコースから上級者用コース、着付を仕事にしたい人向けのプロフェッショナル養成コースなどがあります。最低限お太鼓結びができればよい、あるいはもっといろいろな結び方をマスターしたい、といった希望に応じて習っていきましょう。

帯の結び方をいろいろと知っておくと、着こなしの幅が広がります。たとえば成人式で振袖を着るとき、一般的には「ふくらすずめ」が選ばれます。しかし、長時間電車に乗って移動する場合はふくらすずめは少し不便です。というのは、背もたれにもたれることができないためです。お太鼓に飾りを付ける結び方なら華やかで、背もたれにもたれても崩れません。

また、結び方は身長とのバランスも考えて決めると良いでしょう。小柄な人が大きな飾り結びをするとバランスが悪くなってしまいます。体の幅や腰の位置なども合わせて、似合う結び方を知っておくと素敵な着こなしができます。

    Copyright(C) 着物お役立ち! All Rights Reserved.