着物は体格とのバランスが大切

着物は体格とのバランスが大切

着物を着るときに大切なのは身長とのバランスです。格安で着物が販売されていることがありますが、身長が高い方や低い方は着物の長さが体に合わないので注意が必要です。

身長が高い方の場合、長身用のものを選ばなければ袖丈と身丈が足りません。身長が高い方は全体の割合から見ると少ないため、どうしてもデザインが限られますが、必ず身長に適した長さのものを選びましょう。成人式や卒業式などで標準サイズの着物のほうが可愛いと思えることもありますが、長さの合わない着物を着ると滑稽になってしまいます。

逆に、小柄な方が標準サイズの着物を着ると丈が長すぎます。袖丈も身丈も長くなり、袖に手が隠れてしまったり、帯の下で見ごろを折り返して作る「おはしょり」が帯の下に長く出すぎてしまいます。いかにもバランスが悪く見えるので、小柄な方向けのものを選ぶことをおすすめします。

サイズを選ぶのは身長だけではありません。細身の方とふくよかな方もサイズを選ぶ必要があります。細身の方が標準サイズの着物を着た場合は生地が余ってしまい、打ち合わせがきれいに整いません。逆にふくよかな方は幅が足りないので、やはりきれいに着こなすことができないのです。

最近ではさまざまな体格に対応した品揃えのお店もあります。自分の体に合った着物があるか、気軽にお店のスタッフに尋ねてみましょう。

    Copyright(C) 着物お役立ち! All Rights Reserved.